入院の手続き

入院が決まりましたら「入院時書類一式」を記載・捺印の上、入院時に1階受付へご提出ください。
また、健康保険者証・老人医療受給者証等各種受給者証及び介護被保険者証もご提示ください。

労災で入院される方は、労災保険の手続後、必要書類を1階受付へご提出ください。
交通事故で入院される方は、治療費の支払いについて、1階受付までご相談ください。
緊急入院などで入院当日に入院に必要な書類等を提出できなかった方は、入院の日から3日以内に1階受付にご提出ください。



入院に必要なもの

(1)入院されるときは次のものをご用意ください。

洗面用具 (洗面器・歯ブラシ・石鹸・シャンプー・櫛・髭剃り・ボディシャンプー・泡立ちのよいタオルなど。)
食事用具 (湯飲み・はし・スプーン・フォーク・ポットなど。)
衣類 (寝まき・下着・タオル・バスタオルなど。) 
その他 (ティシュペーパー・スリッパなどの上履き・筆記用具など)
薬 (現在服用中および使用中の薬があればお持ちください。)
※持ち物には名前をご記入ください。


(2)電気器具を持ち込まれる方は、ナースセンターまでご連絡ください。

寝具・病衣について

寝具一式(布団・枕・毛布)は病院で用意いたします。
   (余分にタオルケット・毛布を持ち込まれても結構です。)
   (週に1回のシーツ交換を予定しています。)

病衣(寝まき・パジャマ)はご準備ください。
   (院内感染防止を目的とした病衣の貸出も行っております。使用料は実費負担となります。)

看護について

基準に基づいた看護を行っております。 (付き添いは通常必要ありませんが、患者さんの症状によっては医師の許可を得て家族の方が、付き添うことができます。ご希望の方は医師、病棟看護師長にご相談ください。)

お食事について

(1)患者さんのお食事は医師の指示で「基準普通食」「治療食」をご用意いたします。
(2)朝食7時15分、昼食12時00分、夕食18時00分に適温でお持ちします。
(3)患者さんの食堂が各階にありますので動ける方はできるだけ食堂をご利用ください。
   (歩けない方は、病室までお持ちします。)
(4)治療食の方は補食(間食)される場合、医師、看護師にご相談ください。
(5)食事療法中の方もいらっしゃいますので、患者さん同士の飲食物のやりとりはご遠慮ください。

入院生活について

入浴
(お風呂・シャワー)
●医師の許可により浴室をご利用ください。
●入浴時間については、看護師にお尋ねください。
●動けない方は全身浴(順送式入浴装置・介護エイドバス・車椅子式入浴装置)にてリハビリと併せて保清を行います。
洗濯 ●原則として家庭に持ち帰り洗濯していただきます。
●タオルや小さい下着は各自で洗えるようにコイン洗濯機・コイン乾燥機を設備しています。(不可能な方は申し出ください。専門業者を紹介いたします。)
外出・外泊 ●主治医の許可が必要ですので、ご希望の方はナースセンターまで申し出ください。外出・外泊願届け」に必要事項を記入していただきます。
●外出時、帰院時には、病棟看護師にお知らせください。
所持品 ●病院は大勢の方が出入りします。また、検査・治療等で病室を離れることがありますので貴重品や多額の現金はお持ちにならないようお願いします。
●所持品の紛失、破損、盗難がありましても、当院では責任を負いかねますので、
各自で大切に保管してください。
テレビ ●各ベッドには、プリペイドカード式テレビが設置されています。
(プリペイドカードは各階の談話室にある自動販売機をご利用ください。)
●テレビは各階の談話室に設置されていますのでご利用ください。
喫煙 ●健康増進法の施行にともない、館内は禁煙になっています。
公衆電話 ●各階の談話室にあります。なお1階は東玄関にあります。

病室について

個室をご希望の方は入院予約時にお申し出ください。

ご利用の場合、料金は次のとおりです。
個室 3,240円 ●立山●剣●薬師●大日●白山
冷蔵庫・バス・トイレ付き

入院後に個室をご希望の方は病棟看護師長にお申し出ください。

保険証の確認について

健康保険者証・各種受給者証は、毎月1回1階受付へ提示ください。
入院中に健康保険者証・各種受給者証の変更があった場合は、速やかに提示ください。

退院について

当院は一般病床(急性期、亜急性期疾患)を主としており、病状が安定している場合は、在宅療養に向けて相談に応じます。また、在宅療養が困難な方は他施設に転院していただく場合がありますので御了承ください。
患者さんが入院中、病院の規則を守ることができなかったり、主治医の指示に応じることができない場合は、退院していただくことがあります。